小中一貫の「沖縄シュタイナー学園」が来春に開校 教科書もテストもない「自由への教育」とは?

小中一貫の「沖縄シュタイナー学園」が来春に開校 教科書もテストもない「自由への教育」とは?
拡大する(全2枚)
 自由への教育を重んじる「シュタイナー教育」を取り入れた小中一貫の全日制フリースクール「沖縄シュタイナー学園」が来年4月、南風原町内に開校する。既存の公立小中学校に通わない子どもたちの受け皿として新たな学びの場を提供。テストや点数による評価を廃止し、芸術を通して「生きる力」を育みたい考えだ。
 運営するのは県内でシュタイナー教育を実践する元小学教諭や元大学教授でつくる一般社団法人「沖縄子どもと先生を元気にする会」。今年4月に設立準備室を立ち上げ、教員養成や児童の受け入れなどを進めている。
 新年度は小学1、2年の新入生を募集する。複式学級で定員は10人。公立小中学校に籍を置きながら通い、卒業後は高校が受験できるようカリキュラムを組む。
 9年間、担任の持ち上がりを原則とし、教員と子どもの絆を強めたい考え。決められた教科書はなく、子どもたちの個性や発達段階に応じた教材を取り入れる。沖縄の自然や文化、歴史を重視し、琉球舞踊や空手、ヨナグニウマの乗馬体験なども予定している。
 同会の入福玲子代表は「知識の詰め込みではなく五感を使って吸収し、人格を形成していく。多様な学びの場を提供したい」と説明。沖縄の教育現場は不登校や引きこもりが増えているとし、「学習意欲があっても受け皿がないのが現状だ。学びの場は公立学校だけでない。多様な選択肢があっていい」と話した。
 南風原町宮平の教会「沖縄ベタニヤチャーチ」の一角を借用して授業を行う。校内にカフェや農園などを併設し、資金面の強化も図る。同会は開校に向け、サポーターや寄付金を募っている。

この記事の画像

「小中一貫の「沖縄シュタイナー学園」が来春に開校 教科書もテストもない「自由への教育」とは?」の画像1 「小中一貫の「沖縄シュタイナー学園」が来春に開校 教科書もテストもない「自由への教育」とは?」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク