店で食事中に隣の個室から呼び声 ふすまを開けると倒れた男性が 心臓マッサージで救う

店で食事中に隣の個室から呼び声 ふすまを開けると倒れた男性が 心臓マッサージで救う
拡大する(全1枚)
 適切な応急手当てにより心肺停止状態だった傷病者の命を救ったとして、沖縄県うるま市消防(新垣隆消防長)は7日、ともに市内に住む桃原忠男さん(66)、桃原正喜さん(64)、池上昇さん(68)に感謝状を贈った。
 3人は今年2月に市内の飲食店で食事をしていたところ、隣の個室から男性の名前を繰り返し呼ぶ女性の声が聞こえることに気が付いた。不審に思いふすまを開けると、男性が倒れていたという。
 倒れていたのは60代の男性で、呼吸が止まっていることに気付いた忠男さんが心臓マッサージを行い、駆け付けた救急隊員に引き継いだ。正喜さん、池上さんも処置がしやすいように男性の体などを動かすなどサポートした。男性は隊員が駆け付けた時点で心肺停止の状態で、自動体外式除細動器(AED)などの処置を行い、その後回復。後遺症などもなく社会復帰したという。
 市消防は「血流が止まり、後遺症となる可能性もあった。早期の心臓マッサージが社会復帰の鍵となった」と評価。新垣消防長は「偶然店内で居合わせた方が連携して良好な応急処置を行い、1人の命を救った。素晴らしい勇気ある行動だった」と話した。
 5~6年前に職場の安全講習で心臓マッサージを学んでいたという忠男さんは「何とかしなくてはと無我夢中の行動だったが、回復してよかった。ほっとした」と話した。
店で食事中に隣の個室から呼び声 ふすまを開けると倒れた男性が...の画像はこちら >>
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク