ポスター作ったかいがあったね 小学生の呼び掛けに80人以上が参加 海岸で「ピカピカクリーン大作戦」

[ひろがる明日SDGs]
 沖縄県うるま市と名護市で、国連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)を意識した海岸沿いの清掃作業があり、参加した小学生や障がい者就労支援団体のメンバーが、身近な自然環境の美化に取り組んだ。
■自然に感謝し住民ら汗 うるま市
ごみ拾いする参加者ら=16日、うるま市・平安座島 「4島ピカピカクリーン大作戦」を展開している、うるま市立彩橋小中学校(新垣邦彦校長)小学6年の全児童17人は16日、平安座区の海岸でごみを拾った。児童の呼び掛けに応じた80人以上の地域住民らが参加し、地域をきれいにしようと約100人が汗を流した。
 6年生は、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる「海の豊かさを守ろう」をテーマに、総合学習の時間を通して「4島(平安座、浜比嘉、宮城、伊計)ピカピカクリーン大作戦」を展開している。
 今回の活動前に、参加を求める手作りポスターを地域に配布するなど周知してきた。多くの参加者を見て「ポスターを作ったかいがあった」と喜んだ。
 子どもたちがごみの分別方法や作業手順などについて説明した後、平安座駐在所前の海中道路付近の海岸で、大人も子どもも一緒になってごみを拾った。
 沖縄銀行与勝支店の國吉真仁支店長は「地域の取り組みには喜んで参加する。子どもたちは頼もしい」と汗を拭った。
 同僚ら12人と参加した市消防本部警備係長の玉城幸雄さんは「子どもたちの取り組みはすごい。地域のごみをなくしていきたいですね」と感心しきり。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク