沖国大ヘリ墜落後も繰り返される事故 発生から17年 「普天間」所属機の墜落や不時着36件

沖国大ヘリ墜落後も繰り返される事故 発生から17年 「普天間」所属機の墜落や不時着36件
拡大する(全1枚)
 沖縄国際大学に米海兵隊のCH53D大型輸送ヘリが墜落して13日で17年。沖国大へのヘリ墜落以降、普天間所属機の墜落や不時着、緊急着陸は、本紙調べで少なくとも36件起きている。事故のたびに県や宜野湾市など関係市町村は実効性ある再発防止策や安全管理の徹底などを求めるものの、具体的な取り組みは見えてこず、日本政府や米軍が言う「飛行の安全」は形骸化している。
 今年6月、普天間所属のUH1ヘリがうるま市津堅島の畑に不時着した。県や宜野湾市は実効性のある再発防止策や安全管理の徹底などを求め、県議会、宜野湾市議会なども抗議決議している。
 こうした事故のたびに沖縄防衛局や外務省沖縄事務所は「米軍の運用にあたっては、安全の確保が大前提」との認識を示すが、その後も事故は繰り返されている。抗議決議から間もない7月には宮崎県串間市の農地に普天間所属のAH1が不時着した。外務省沖縄事務所で津堅島の不時着事故に抗議した上里広幸宜野湾市議は「安全が大前提であるというが、安全性に問題があると言わざるを得ないない」と、米軍の管理体制への疑念を隠さなかった。
   ■    ■
 2018年1月は普天間所属ヘリの不時着が相次いだ。防衛省と在日米軍は同11月、自衛隊機と米軍機の飛行安全に関する日米専門家会合を初めて開いた。
 日米共にパイロットや整備の経験者ら専門家が出席し、定期整備手順、緊急着陸に対する考え方などを共有することを目的としたものだ。

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク