ヤングケアラー「いる」 中学校の76% 那覇市が実態調査

ヤングケアラー「いる」 中学校の76% 那覇市が実態調査
拡大する(全1枚)
[見つめて ヤングケアラー]
 那覇市教育委員会が5月に市内17中学校を対象に実施した「ヤングケアラー」実態調査で、家族の面倒をみている中学生が約40人いることが8日、分かった。ケアラーに該当する生徒が自校に「いる」と回答したのは13校で全体の76%。40人の内訳をみると、各学年ごとに10人程度という。市議会9月定例会代表質問で武富剛学校教育部長が糸数貴子氏(ニライ)に答えた。
 市教委は各校の管理職を通じて教員に調査を実施。ヤングケアラーに該当すると「思われる」生徒がいるかを集計した。該当するとみられる生徒約40人については「保護者が疾患を持っていて、家の手伝いが増えている」などの内容が多数を占めたという。
 国が4月に実施した初の実態調査では、該当する生徒が「いる」とした中学校は全体の46・6%だった。市教委によると、国の抽出調査に対し、市は全校対象だったことや、質問内容の違いなどもあり、一概に比較はできないとしている。
 市教委は、校長・生徒指導主事連絡協議会や各学校へヤングケアラーに関する情報や資料を提供。該当する生徒がいる場合は関係機関と連携するよう啓発活動に取り組んでいるという。
 新垣淑博こどもみらい部長は「市の要保護児童対策地域協議会の相談内容にも、障がいのあるきょうだいを世話したり、多子世帯で幼い家族の面倒をみるなどヤングケアラーと思われる事例がある」と答弁。市の実態調査については「国の動向を注視しながら検討する」と述べた。
ヤングケアラー「いる」 中学校の76% 那覇市が実態調査の画像はこちら >>
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク