沖縄最大の美術展「沖展」関連展が開幕 陶器や琉球ガラスの展示販売も

沖縄最大の美術展「沖展」関連展が開幕 陶器や琉球ガラスの展示販売も
拡大する(全1枚)
 沖縄県内最大の総合美術工芸展「沖展」の関連展「okitenU50―今こそ、アートのチカラ」が17日、那覇市久茂地のタイムスビルで開幕した。沖展会員の作品を展示即売する「沖展商店2021」も26日まで同時開催される。
 「okitenU50」(おきてん・あんだーごじゅう)では30~40代の沖展会員、準会員が、社会の流れを見つめたり、先人の技を探求したりと、それぞれの志向で多様な作品を発表している。
 「沖展商店」には12部門の会員が、やちむんの日常雑器や、琉球ガラス、小品の絵画作品、漆のアクセサリーなど、日常を豊かに彩る品々を出品している。
 両企画とも入場者数制限などの対策を講じて実施する。問い合わせは沖縄タイムス社読者局文化事業部、電話098(860)3588(平日午前10時~午後5時)。
沖縄最大の美術展「沖展」関連展が開幕 陶器や琉球ガラスの展示...の画像はこちら >>

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク