社説[ネット中傷対策]時代に見合う仕組みに

 インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策を強化するため、上川陽子法相は侮辱罪の罰則に懲役刑を導入する刑法改正を法制審議会に諮問した。
 会員制交流サイト(SNS)などネットでの中傷被害は深刻化している。
 昨年5月、リアリティー番組に出演していたプロレスラーの木村花さんが、ネット上で次々と「いつ死ぬの?」などと中傷を受け命を絶った。匿名による言葉の刃(やいば)が木村さんを死へと追い詰めた。
 ところが、侮辱罪に問われたのは2人だけ。処分はいずれも科料9千円だった。「刑が軽すぎる」との批判に国が対応を迫られた形だ。
 具体的事例を示して人をおとしめる名誉毀損(きそん)罪と比べて、事例を示さない悪口行為である侮辱罪の現行の法定刑は「拘留30日未満か科料1万円未満」だ。法制審では「1年以下の懲役・禁錮または30万円以下の罰金」を追加する案を検討する見通しだ。厳罰化に伴い、公訴時効も現行の1年から3年に延びる。
 匿名での書き込みは、発信者を特定するため裁判になるケースが多く、弁護士費用など経済的な負担以外に、長い時間と手間がかかる。時効の問題で、告訴を諦める被害者は多く「逃げ得」となるケースが少なくない。100年以上も前に制定された刑法は、ネット被害に対応できていないのだ。
 被害者の救済へ向け、裁判所を通じ1回の開示請求で手続きが済む改正プロバイダー責任制限法が4月に成立。ネット投稿者の特定が早まる。

あわせて読みたい

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク