「パンクを直して」と給油所に来たドライバーから酒の臭い 接客した所長が110番

「パンクを直して」と給油所に来たドライバーから酒の臭い 接客した所長が110番
拡大する(全1枚)
 沖縄県警那覇署(与那城武署長)は27日、給油所にパンク修理で訪れた男性客から酒のにおいがすると110番通報し、酒気帯び運転事故を未然に防いだとして「ENEOS白石サービスステーション波之上海岸店」所長の長田和也さん(41)=南風原町=に感謝状を贈呈した。長田さんは「大きい事故につながりかねないと危険を感じて通報した。お客さまのカーライフサポートは社是でもあり、今後も事故防止に努めたい」と語った。
 軽自動車を運転する20代男性客が給油所を訪れたのは7月26日午前9時ごろ。長田さんは「(パンクを)どうにかしてほしい」と頼まれたが、マスク越しにアルコール臭がしたため「10~15分ほどお待ち下さい」と男性客に伝え、その間に110番通報した。
 那覇署によると男性客の呼気から基準値約5倍のアルコールを検知したため、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発した。男性は容疑を全面的に認め、警察官に「事故を起こさないだろうと思い運転した」と話したという。
「パンクを直して」と給油所に来たドライバーから酒の臭い 接客...の画像はこちら >>
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク