子1人に6千円分、糸満市が商品券 低所得家庭を支援

子1人に6千円分、糸満市が商品券 低所得家庭を支援
拡大する(全1枚)
 【糸満】糸満市は、新型コロナウイルスの影響で困っている低所得家庭を支援しようと、児童扶養手当の受給者などを対象に、子ども1人当たり6千円分の商品券を無償で配布する「ひとり親家庭等支援商品券事業」を始める。
 高校3年生までの18歳以下がいる世帯へ、500円分の商品券6枚つづりの2セットを12月に郵送する。使用期限は来年2月28日まで。受給漏れをなくすため書留で郵送する。
 市は対象者を900世帯の1700人、市内の18歳以下の2割以内とみている。8日の市議会臨時会で同事業を含む補正予算案が全会一致で可決された。
 市は「クリスマスや正月のある年末年始は家計の負担も大きい。商品券活用で生活用品購入などの足しにしてほしい」と話している。問い合わせは市こども未来課、電話098(840)8191。
子1人に6千円分、糸満市が商品券 低所得家庭を支援の画像はこちら >>
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク