「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の結果」と沖縄県 13人がコロナ感染 4人死亡

「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の結果」と沖縄県 13人がコロナ感染 4人死亡
拡大する(全2枚)
 沖縄県は24日、10歳未満から70代の男女13人の新型コロナウイルス感染を確認した。先週日曜より6人多く、6日ぶりに前週同日から増加した。県の糸数公医療技監は「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の効果だ」として、月末までの飲食店の時短営業など感染対策の継続とワクチン接種を呼び掛けた。
 国は今後予想される大きな感染の「第6波」に備え、今夏の第5波で確保したコロナ患者用の病床から2割程度増やす計画の策定を求めている。糸数医療技監は「県内では第5波で約850床を確保した。国からの計算式に沿って医療機関とどの程度確保できるかを話し合う」と述べた。
 24日は新たに4人の死亡が発表され、県内の合計死亡者数は372人になった。うるま市では40代男性が重症化に伴い呼吸が急激に悪化して死亡した。ワクチンは未接種だった。中部保健所管内の80代女性、うるま市の80代男性、南部保健所管内の90代女性の死亡も発表された。
 新たに4例のクラスター(感染者集団)も発表され、県内の合計は354例になった。351例目は中部保健所管内の病院で8月7~30日にかけて20~70代の男女48人(職員7人、患者41人)が感染。同病院はすでにクラスター発生を発表している。352~354例目は家族内で発生し、いずれも5人が感染した。
 県内の人口10万人当たりの感染者数は7・61人で全国1位。米軍関係は日曜日のため発表はなかった。
「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の結果」と沖縄県 1...の画像はこちら >>
「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の結果」と沖縄県 13人がコロナ感染 4人死亡

この記事の画像

「「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の結果」と沖縄県 13人がコロナ感染 4人死亡」の画像1 「「急拡大は感じられない。県民の慎重な行動の結果」と沖縄県 13人がコロナ感染 4人死亡」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク