政治スタンスや安全保障巡り 候補者が候補者に聞く【沖縄1区クロス討論】

政治スタンスや安全保障巡り 候補者が候補者に聞く【沖縄1区クロス討論】
拡大する(全1枚)
 31日投開票の衆院選まで残り6日となった。沖縄タイムスは候補者の政策論議を深めるため、紙上クロス討論を実施した。各候補から対立候補への質問を募り、回答を得た。沖縄1区では、共産前職の赤嶺政賢氏(73)、自民前職の国場幸之助氏(48)=公明推薦、無所属前職の下地幹郎氏(60)が、政治スタンスや安全保障、新基地建設などを巡って主張を展開した。(衆院選取材班)

■国場氏から赤嶺氏へ「台湾危機どう対処」

 -共産党の綱領で日米安保廃棄、自衛隊解消をうたっているが、外交努力が破綻した際、台湾海峡、尖閣諸島の危機や国民の安全にどう対処していくのか。
 「軍隊は住民を守らないというのが沖縄戦の教訓だ。東南アジアのような地域の平和協力の枠組みをつくることが最大の安全保障になる。自公政権は台湾海峡有事で安保法制を発動する可能性に言及しているが、沖縄と日本に戦争を呼び込む危険な動きはやめるべきだ」
 -共産党は戦没遺骨を理由に普天間代替施設の南部の土砂利用に反対し、中城湾埋立、那覇空港、首里城、美ら海水族館の土砂利用を黙認したのはなぜか。
 「戦争で無念の死を遂げた戦没者が眠る地域の土砂を米軍基地の建設のために海へ投げ入れるという行為に、遺族をはじめ、多くの人々が『人間のやることではない』と感じているのだ。他の事業と同列視しているようだが、問題の所在を全く理解していない」
 -オール沖縄は保守系議員や経済界が抜け、実質共産党である。衆議院選挙は政権選択選挙なので政権交代を掲げるなら、共産党を名乗らないのはなぜか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク