村が誤って交付 高校生1人、海洋実習で投票できず

村が誤って交付 高校生1人、海洋実習で投票できず
拡大する(全1枚)
 沖縄県選挙管理委員会は26日、31日投開票の衆院選で、沖縄県内の水産高校に通う伊是名村在住の男子生徒に対し、同村選管が不在者投票に必要な「選挙人名簿登録証明書」を誤った様式で作成、交付していたと発表した。海洋実習中の生徒は那覇市内で不在者投票しようとしたができず、実習に戻ったため投票できなくなった。村選管は「別の様式を基に作成してしまった。確認も不足していた」と謝罪した。
 村選管によると、生徒から8日に証明書の交付申請を受け、13日に交付。20日ごろ、海洋実習中の生徒が寄港先の那覇市内で不在者投票するため証明書を提示したが、様式が誤っており投票できなかった。
 公職選挙法は船員や海洋実習生らの船舶内での投票や、ファクス送信による洋上投票を認めるが、事前に手続きが必要。生徒は11月2日まで実習の予定で、投票できなくなった。
 村選管は「再発防止に向けて、今後漏れがないよう準備を整える」とコメント。県選管は各市町村選管に注意喚起した。
村が誤って交付 高校生1人、海洋実習で投票できずの画像はこちら >>
編集部おすすめ

当時の記事を読む

沖縄タイムスプラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク