1970年 復帰前に那覇市の城北小学校で撮影された給食風景。子どもたちに笑みがこぼれる2022年 新型コロナウイルス禍で前を向いて黙々と食べる給食だが、子どもたちはうれしそう=4月27日、那覇市立真和志小学校(名護大輝撮影、画像の一部を加工しています)[okinawa復帰50年]
戦後の混乱期に始まったミルク給食=1956年3月、玉城村の百名小学校 戦後の貧しい時代から1972年の日本復帰を経て「飽食の時代」といわれる今。子どもたちの成長と健康を支える学校給食も時代とともに変化を遂げてきた。(学芸部・嘉数よしの)
 4月27日。那覇市立真和志小学校では、麦ご飯にもずくのあんがかかったもずく丼が出た。郷土料理や県産食材も積極的に取り入れられている給食は、沖縄文化を継承する面もある。入学したての1年生、成島洸(こう)さん(7)は「学校のご飯はおいしくてお代わりもする」とにっこり。北村栞梛(かんな)さん(6)は「嫌いな豆も食べられた」と喜んでいた。
県内で初めて完全給食が始まった豊見城村の上田小学校の様子=1962年9月 戦後の混乱期、給食はアメリカの救援団体などから届いた脱脂粉乳のミルクだけだった。60年にパンが加わり、62年以降はおかずも付いた「完全給食」へと移行。復帰を境に納豆など日本的な食材も登場するようになり、76年には主食に米飯が加わるなど、多様化を続けている。
■ミルクぬるく子どもには不評