祖父と弟を亡くし「コントロールできない状態だった」と22歳米兵 沖縄、強制性交致傷の初公判
拡大する(全1枚)
 那覇市内で面識のない女性に性的暴行を加えようとしてけがを負わせたとして、強制性交等致傷の罪に問われた米軍キャンプ瑞慶覧所属の米海兵隊上等兵の被告(22)の裁判員裁判の初公判が23日、那覇地裁(佐藤哲郎裁判長)であり、被告は起訴内容を認めた。被告人質問では犯意を巡る供述の一部に変遷も見られたが、弁護人は起訴内容を争わないとしている。量刑が争点となる。
 起訴状などによると被告は昨年10月の深夜、那覇市内で歩いていた女性に性的暴行を加えようと後をつけ、駐車場内で車に乗り込んだところを無理やり引きずり出して、首を絞めたり、馬乗りで顔面を複数回殴るなど暴行を加え、けがを負わせたとされる。
 冒頭陳述で検察側は、被告が事件前に別の女性を襲おうと追いかけていたが見失い、被害女性を狙うに至ったなど犯行に至る経緯を説明。暴力を途中でやめて逃げたのは、女性に激しく抵抗される中、パトカーのサイレン音が聞こえたからだと指摘した。
 弁護側は、被告は祖父と弟を立て続けに亡くした心への負担が大きく影響し、大量に飲酒した後の犯行だったことなどを説明。「被告は一貫して犯行を認め、後悔や反省の態度を示している」と述べた。
 被告人質問で、被告は飲酒で「自分の行動や考えをコントロールできない状態になっていた」などと主張。被害者に「死に直面したような恐怖を与えた」と謝罪し、「やってしまった行動に怒りや嫌悪感を感じる」と述べた。
 検察側は「抵抗すれば殺されると思ったが、叫ぼうと無我夢中だった」などと当時の状況を語った被害女性の陳述書を紹介。事件後は背後の気配や男性に恐怖心がよみがえるなど身体的・精神的苦痛が示された。
祖父と弟を亡くし「コントロールできない状態だった」と22歳米...の画像はこちら >>