オジーが永遠の盟友とともに描いたHM/HRの決定盤『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』

オジーが永遠の盟友とともに描いたHM/HRの決定盤『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』
Ozzy Osbourne『BLIZZARD OF OZZ』のジャケット写真 (okmusic UP's)
 この秋、ヘヴィミュージックの祭典、『OZZFEST』が再び日本にやってくる。1996年から全米各地やヨーロッパで開催、2013年には初の日本公演が2日間に渡って開催されたことも記憶に新しい。その主宰であるオジー・オズボーンは、かつては「生きた鳩の頭を食いちぎった」「ステージ上で生きたコウモリの頭を食いちぎり入院した」といった奇人変人的なイメージばかりが先行したが、近年は『オズボーンズ』でのコミカルなキャラクターで一般層にも親しまれている。本稿で取り上げるのは、そんな彼のソロデビューアルバムにして代表作である『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』。ヘヴィメタル/ハードロック史上、5本指に入るであろう名盤だ。

 1979年、ブラック・サバスというスーパーグループを追われるように脱退したオジーは、一時は引退を決意するも、ほどなくして新バンド結成へと動いた。当初バンドは“ザ・ブリザード・オブ・オズ”と名付けられたが、後にレコード会社の意向によって、“オジー・オズボーン”へ。そのラインナップは元レインボーのボブ・デイズリー(ベース)、元ユーライア・ヒープのリー・カースレイク(ドラムス)、そして新人ギタリスト、ランディ・ローズという顔ぶれ。ボブとリーはシーンにおいてすでに実績のある知られた存在で、スターバンドのフロントマンであったオジーをバックアップするメンバーとして申し分ない顔ぶれだ。そんな中、ランディの存在は異色だった。オジーがアメリカで行なったオーディションでそのプレイに一目惚れし、即決。この大抜擢はオジーの後のキャリアばかりでなく、その後のヘヴィメタル/ハードロックの歴史における重要な道筋を描くこととなる。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年6月12日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。