テレヴィジョンの『マーキー・ムーン』こそがニューヨークパンクの先駆的アルバム!

テレヴィジョンの『マーキー・ムーン』こそがニューヨークパンクの先駆的アルバム!
Television『Marquee Moon 』のジャケット写真 (okmusic UP's)
パンクと言えば、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムドら英のグループが多く語られるが、彼らに影響を与え、パンクロックの精神を世に知らしめたのは、テレヴィジョン、パティ・スミス、ラモーンズなど、ニューヨークで活躍したロッカーたちである。特にテレヴィジョンはメジャーデビューこそパティ・スミスに先を越されたものの、デビューアルバムとなる本作『マーキー・ムーン』のリリースによって、その実力を世界に知らしめただけでなく、ロックスピリットを失いつつあった音楽業界のカンフル剤としても大きな役割を果たした。ただ、彼らの全盛期はデビュー前から本作リリース後の少しであることも確かで、78年に発表した『アドべンチャー』の仕上がりは本作に及ばなかった。その後、休止・再結成を繰り返してはいるが、キレのいいバンドという以上の成果は残していない。

■テレヴィジョン結成時のアメリカ音楽業界は…

 テレヴィジョンが結成されたのは1973年。この時代のロック界の様子はと言うと、60年代中・後期に見られたクリームやMC5のような“音が大きくてハードなロック”から、キャロル・キングやジェームス・テーラーに代表される“身近な心象を描いたシンガーソングライター的なサウンド”へ移行しつつあった時期である。時代は高度成長期から安定期を世界的に迎え、ロックもゆったりとした大人のサウンドが求められるようになってきていた。それまでロックを聴いていた若者たちも気付けば社会人になり、大手レコード会社は新たな若手リスナーを獲得することに併せ、青年リスナーが続けて聴ける新たなロックを供給する必要に迫られていた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年11月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。