中島みゆき、5,000人超の観客を魅了した東京国際フォーラム公演

中島みゆき、5,000人超の観客を魅了した東京国際フォーラム公演
中島みゆき (okmusic UP's)
11月19日、『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015~2016』が東京国際フォーラムで開催された。

【その他の画像】中島みゆき

静寂のなかに身をひそめていた観客の期待は、バンドの演奏が始まり、緞帳が上がると、大きな拍手となって姿を現わした。そして、風を立たせ、中島みゆきが登場。

アルバム『LOVE OR NOTHING』(94年)収録曲「もう桟橋に灯りは点らない」が1曲目。ライヴとは思えないくらい鮮明に聴こえる言葉。「夜会」などで培ってきた独特の発声法によるものなのか。アレンジの妙か。音響スタッフの腕か。あるいはそのすべてかもしれないが……。そっと語るように、小さくつぶやくように歌う「ピアニシモ」「あなた恋していないでしょ」でも、一切くぐもることのない声と言葉。もはや神業の域だ。

コンサートは3部構成。第1部はSweet。第2部はBitter。第3部がSincerely Yours。ここは観客への感謝に代えて、といったところだろう。全セットリスト中、もっとも古い曲は『臨月』(81年)収録の「友情」。もっとも新しい曲は11月11日に発売になったばかりのニューアルバム『組曲(Suite)』収録曲だ。第1部で歌われた「ライカM4」は、中島みゆきとはデビュー以来のつきあいであるタムジンこと、写真家の田村仁を歌ったらしい。中島みゆきのイメージからは想像できないほどグルーヴィーなボーカルだった。第2部での「空がある限り」は、夕暮れを背負い、凛と立って歌う。徐々に熱を帯びる声。客席を埋めた5,000人超がジリッジリッと中島みゆきの懐にひきずり込まれるのを見た。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中島みゆき カバー
  2. 中島みゆき 曲
中島みゆきのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2015年11月20日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中島みゆき + 曲」のおすすめ記事

「中島みゆき + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「中島みゆき + カバー」のおすすめ記事

「中島みゆき + カバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「コブクロ」のニュース

次に読みたい関連記事「コブクロ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。