GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト、大盛況のうちに幕!

GLIM SPANKYのフリーライヴプロジェクト、大盛況のうちに幕!
(okmusic UP's)
LIM SPANKYと総合デザインスクール バンタンデザイン研究所、そして音楽専門学校の東京スクールオブミュージック専門学校渋谷により発足した、学生がプロデュースする学生のためのフリーライヴプロジェクト。8月18日(火)、いよいよ本番であるフリーライヴが開催され、熱いステージが繰り広げられた。

【その他の画像】GLIM SPANKY

踊らせる意図を持った音楽で…ではなく、そこで鳴っている音で自然と身体が揺れ、心も踊る。魂が躍動するロックンロールに呼応して、あらゆる感情を喚起されながら踊ることの気持ち良さ。GLIM SPANKYのスペシャル・フリーライヴは、“ロックで体感できる最上の醍醐味”を約1時間のライヴの中でギュッと濃縮しながら、濃密に感じさせてくれた。

オープニングの「サンライズジャーニー」で、バンドとオーディエンスはひと時の音楽の旅の入口に立つ。亀本寛貴(Gu)が刻むリフが、ワクワクする心持ちをクッと後押し。少しずつ新たに視界が開けていくような、端正な音世界。しかし、続く「焦燥」では、一気に空気の色が変わる——ズシンとくる音の深みによって、滑らかに流れていくのではなく、曲ごとに明確なメリハリを付けながらライヴは進められていく。楽曲の個性を際立たせることを意識したであろう、大胆かつ緻密な旅の行程。とりわけ中盤の、疾走する「褒めろよ」からさまざまなフックの効いたミドルチューン「踊りに行こうぜ」への展開は痛快! 音楽を音楽の絵として聴かせるということが見事に体現されていた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年8月25日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。