パノラマパナマタウンが「MASH A&R」オーディションでグランプリを獲得

パノラマパナマタウンが「MASH A&R」オーディションでグランプリを獲得
「MASH FIGHT! Vol.4」(パノラマパナマタウン) (okmusic UP's)
2012年よりスタートしたオーディション&育成プロジェクト「MASH A&R」。その2015年のファイナルとなる「MASH FIGHT! Vol.4」が12月6日(日)に渋谷WWWで行なわれ、年間通して1000組を超える応募の中から選ばれた6組が集い、熱戦を繰り広げた。

【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

トップバッターとしてステージに立ったのはJunk Robot。女性ヴォーカル・Airiによるソロプロジェクトだ。サポートメンバー3人を率いてバンド編成で登場した彼女は、自身もギターを掻き鳴らしながら、ややハスキーでパワフルな声でその歌を飛ばしていく。衝動的で疾走感の強い“幻想"から一転、ギター1本でじっくり歌を聴かせてからバンドアレンジへと展開していくミドルテンポの「生きているから」。時にフラジャイルな危うさも抱える生の感情を愚直なほどに真っ直ぐな言葉に託し、突き刺すように歌い放っていく様が印象的だった。最後は再びバンドサウンドがエモーショナルに翼を広げる「青い星」。最初は硬さも見られたが、ラストではその歌を通して大きく解き放たれるようなフィーリングも感じさせながら歌い切った。

2組目に登場したのは東京で活動するGateballers。どこかノスタルジックな感傷を宿した日本語のグッドメロディを歌う少年性の強い濱野夏揶の声と、彼の弾く土臭くブルージーなギターの調和がいい。その歌詞に表れる日常の中から生と世を切り取る視点と感受性、その中でもがきながらも前を見つめる想いといったものが、さり気なくも確かに心にリーチしてくる。オーセンティックな3ピースサウンドだが、シンプルだからこそ時に大きな化学反応を生んでいくバンドという生き物の可能性自体を感じさせるライヴ。ラストに演奏された、リヴァーヴがかった音像で深くサイケデリックな景色を描き出していく“バグダッド・カフェ"がとても秀逸で、ぐっとその世界に会場を引き込んでステージを去った。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年12月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。