松任谷由実、プラネタリウムでの超プレミアムライブにて新曲を初披露

松任谷由実、プラネタリウムでの超プレミアムライブにて新曲を初披露
12月5日(土)@コニカミノルタプラネタリウム“天空” (okmusic UP's)
40周年ベストアルバム100万枚出荷記念盤『日本の恋と、ユーミンと。- GOLD DISC Edition -』をリリースし、更なる話題を集めている松任谷由実が12月5日(土)、東京スカイツリータウンにあるコニカミノルタプラネタリウム“天空"でライブを行なった。

【その他の画像】松任谷由実

今回のイベントは映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』の公開と、その日本語吹替版主題歌である最新曲「気づかず過ぎた初恋」の配信リリース、そして前述の『日本の恋と、ユーミンと。- GOLD DISC Edition -』のリリースを記念して開催された。

これまでのキャリアの中で、コンサートでは様々な演出を試みてきたユーミンだが、今回はタイトルである「星の夜と、ユーミンと。」という主旨どおり、星空を堪能することを追及する演出に決定。実際の夜空と同じに、プラネタリウムの星の光は繊細な光で、明るいと見えにくく、暗い程よく見える為、会場は真っ暗闇。歌うユーミンの姿を照らす照明も排除し暗闇の中で歌う、という初めて試みに挑戦した。

通常コンサートでは演奏者たちがタイミングをあわせ演奏し、それに合わせて歌を歌うのが基本だが、暗闇の中ではアイコンタクトは当然とれない為、ユーミンはソニー株式会社の透過式メガネ型端末『SmartEyeglass(スマートアイグラス)』を着用。スマートアイグラスとは、対応スマートフォンなどの機器をBluetoothや無線LANでとスマートアイグラスと繋ぎ、メガネレンズに文字や画像情報を視界に重ねて表示し、状況に応じて適切な情報を表示できるメガネ型端末。多くの情報を着用者に表示し伝達できるということから、さまざまな作業現場での作業指示やスポーツなどの観戦中に情報を表示させることなどの利用が有効なアイテムとして注目されているが、演奏者がコンサートで使用した例はこれが初めて。ユーミンの視覚には、演奏のタイミングやコンサートの進行が表示された。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2015年12月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ナオト・インティライミ」のニュース

次に読みたい関連記事「ナオト・インティライミ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「奥田民生」のニュース

次に読みたい関連記事「奥田民生」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「久保田利伸」のニュース

次に読みたい関連記事「久保田利伸」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。