フレデリック、変革を遂げた2015年のワンマンライブツアーがついに終幕

フレデリック、変革を遂げた2015年のワンマンライブツアーがついに終幕
12月22日@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP's)
12月22日(火)、フレデリックのワンマンライブツアー「フレデリズムツアー2015」のファイナル公演が、恵比寿LIQUIDROOMで開催された。

【その他の画像】フレデリック

11月25日にリリースされたミニアルバム『OTOTUNE』の発売を挟む形で行なわれた今回のツアーは、全国10箇所の公演はすべてソールドアウト。オリジナルメンバーであるドラマーの脱退後初めてのワンマンツアーでもあったわけだが、昨年末の「オドループ」のブレイクから始まったこの1年の集大成にして、フレデリックが向かう次の未来への決意宣言とも取れるような、音楽的にも人間的にも大きく成長したバンドの姿を堂々と示す素晴らしいライブとなった。

初期の代表曲「SPAM生活」から幕を開けたライブは、序盤からすでに幸福な熱狂に包まれながら展開していくものとなった。最大のキラーチューン=“オドループ"を頭3曲目という早い位置に持ってきたのは彼らの自信の表れであると同時に攻めの姿勢を表すものだったが、実際に「オドループ」で1回目のクライマックスを描いた後、音楽的にはよりディープなゾーンに突入したにもかかわらず、むしろ鮮やかに“オドループ"でのフロアの熱狂を塗り替えていったのが印象的だった。「WARP」や「FOR YOU UFO」など、初期の頃からフレデリックの核にある横揺れのバックビートを発動しながら、陶酔的かつ中毒的な世界観にオーディエンスをぐんぐん引き込んでいく。70~80Sのディスコミュージックをたっぷり吸い込んだ「真っ赤なCAR」では三原健司(Vo&G.)がハンドマイクでユラユラと踊りながら歌い、今後の新機軸を予感させるシーンも。キレも粘りも格段にビルドアップされた(「ノセる」のではなく)「踊らせる」グルーヴが心地よくフロアを揺らし、以前に増して強い表現力と訴求力を発揮するようになった健司の歌がしっかりとオーディエンスの心を掴んでいく様がはっきりと感じられた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年12月26日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。