アヴリル・ラヴィーン、聖地・武道館にて圧巻のライヴを披露!

アヴリル・ラヴィーン、聖地・武道館にて圧巻のライヴを披露!
2月4日(火)@日本武道館 photo by Yoshika Horita (okmusic UP's)
稀代のロック・プリンセス、アヴリル・ラヴィーンが2月4日に日本武道館にてライヴを行なった。

【その他の画像】Avril Lavigne

※以下、本ツアーの詳細が記載されます。
これから公演に参加される方はご注意下さい!

大阪のZepp Nambaに、東京の新木場スタジオコーストというレアなライヴハウスでの追加公演、続いて神奈川のパシフィコ横浜公演と、約2年ぶりとなる来日ツアーでソールド・アウトを連発しているアヴリル・ラヴィーン。次なるステージは、日本武道館2DAYSである。その初日を観たのだけれど、間違いなく過去最高で最強のライヴだった。

さかのぼること11年。デビュー翌年の2003年に行なわれたアヴリル・ラヴィーン初来日公演の会場が、いきなりの武道館だったことを、ご記憶のファンも多いだろう。しかも、ゴブとシンプル・プランという、同郷カナダの先輩バンド2組をサポート・アクトに従えた、17歳にして大物感たっぷりの公演だった。ちなみにその時のツアー・タイトルが、“Try To Shut Me Up Tour"。「私を黙らせてみなさいよ」ってわけだ。思えば、確かに当時のアヴリルは、夢多き10代の女の子的な感じで接することをきっぱり拒絶するような、ヒリヒリした空気を放っていたし、言いたいことは臆せずにはっきり言う頑強さを持っていた。そしてそんな真っ直ぐさが、大きな魅力でもあった。では、現在のアヴリルはどうか。基本的には何も変わっちゃいない。ただ、そこに大人の女性としての分別や寛容さが加わったため、かつてのような尖り方をしなくても、彼女は自分であり続けることができるのだ。男目線で見ても、実にカッコいい生きざまだし、だからこそ同性からの支持も絶えないのだろう。本人が意識して

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2014年2月5日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルノグラフィティ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。