想定外の大ヒットとなったThe Cureの超内省的な名盤『Disintegration』

想定外の大ヒットとなったThe Cureの超内省的な名盤『Disintegration』
The Cure『Disintegration』のジャケット写真 (okmusic UP's)
1978年にイギリスで結成され、アメリカでも大成功をおさめたThe Cure。英国のバンドが米国でブレイクするのが決して簡単なことではないのは音楽の歴史が証明しているが、彼らはキャッチーなメロディー、ニューウェイブ仕込みのダンスサウンドで1980年代後半から1990年代前半にかけてアメリカでも大人気に。あれよあれよと言う間にスタジアムクラスのバンドになってしまった。そんなThe Cureの名盤は選んでみると予想以上に難しい。オリジナルアルバムではないけれど、初期のエレポップ感満載の踊れるナンバーを満喫したいなら、1982年から1983年にかけてリリースされたシングルを編集したアルバム『Japanese Whisper』がお勧めで、実際、こういうダンスポップな側面がなかったら、The Cureは世界的成功を果たしていなかったのかもしれないとも思う。そして、同時に彼らはゴシックで内省的な面を合わせ持つバンドでもある。迷いに迷った結果、秋の夜長にじっくり聴きたいという意味も込めて全世界で300万枚という大ヒットを記録したダークサイドの『Disintegration』を紹介しよう。

■ロバート・スミスの神経症的キュートな魅力

The Cureと言えば、やはりロバート・スミスの存在を抜きには語れない。というか(メンバーチェンジも頻繁だったし)、ロバート・スミスのワンマンバンドだったと言っても過言ではない。一時はスージー&ザ・バンシーズ(ギタリスト)と掛け持ちしていたこともあり、結果、The Cureを選んだというエピソードも有名だ。ロバート・スミスの魅力はキャッチーでロマンティックなメロディーと神経質そうで、どこか儚げなヴォーカル、道化師のような独特なメイクと数えたらキリがないが、日本では決して人気が高いバンドではなかった。しかしながら、熱狂的なファンは数多く、特に日本のバンドに与えた影響は計り知れない。見た目からして明らかに異端なロバート・スミスの孤独で棘とセンチメンタリズムに満ちた世界観は多くのアーティストを惹き付け、どこかキュートなキャラクターから女子にも“かわいい”と愛されていた。ちなみに、いつ頃だったか忘れたが、レコード会社が“ロバちゃん人形”なるロバート・スミスのフィギュアを作ったのを見て「これは傑作だ」と思った記憶がある。美しかったロバちゃんもやがて、ぽっちゃりになってしまうのだが、初期の楽曲のMVはどれもアートワークが面白いのでぜひチェックしてみてほしい。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年8月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。