ロックバンド、ユニコーンが到達した最高峰アルバム『ケダモノの嵐』

ロックバンド、ユニコーンが到達した最高峰アルバム『ケダモノの嵐』
ユニコーン『ケダモノの嵐』のジャケット写真 (okmusic UP's)
80年代後半からのバンドブームにおける最重要バンド、ユニコーン。メンバー全員が曲を書き、ヴォーカルも務めるという日本では珍しいスタイルで、ビートルズを始めとする洋楽へのオマージュを隠すことなく自らのサウンドを作り上げ、コアな音楽ファンをも唸らせた日本屈指のバンドである。その作品は再結成以降のアルバムも含めて傑作揃いだが、彼らの最高傑作として推したいのが4thアルバム『ケダモノの嵐』。90年代のみならず、邦楽ロックの傑作のひとつとして是非一度は聴いてほしい名盤だ。

■見事だった突然の復活劇

2009年にユニコーンが再結成した時、これまた活動休止からの復活経験がある某バンドのリーダーが、そのユニコーンの振舞いに舌を巻いていたことを思い出す。「それまで噂すらなかったのに突然、新曲リリースを発表。しかも、ヴォーカルは阿部さん。ああいうやり方はウチらにはできない。完全にやられた」とかなり羨望の眼差しで語っていた。確かに通常バンドの復活時には少なからずエクスキューズが必要なところはある。例えば、結成○周年とかデビュー○周年といった節目であったり、大規模なチャリティー目的であったり、あるいはメンバーや関係者の訃報に際して…といった具合で、そこまで何もなかったかのように「活動再開しました!」というケースは稀だ。というか、そんな例はユニコーンしか知らない。確かに、もしユニコーンが結成20周年だった2006年辺りにスポーツ新聞のスクープとかで再結成をすっぱ抜かれていたら、それはそれでユニコーンらしくなかった気もするし、むしろそういった掴みどころのなさというか、どこか人を食ったような感じこそがユニコーンっぽさとも言える。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2016年1月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「メタリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「メタリカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福耳」のニュース

次に読みたい関連記事「福耳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。