90'Sガールポップシーンで異彩を放った橘いずみ、その本質が見える佳作『どんなに打ちのめされても』

 所謂アイドルグループの隆盛に支えられるかたちで、今もまたガールポップなるカテゴライズが浮上している。これは元々1990年代に提唱されたものだったと記憶している。森高千里谷村有美がその代表で、観月ありさや永井真理子から浜田麻里、CHARAまでが含まれていたというから、そもそもかなり大雑把なものではあった。そのカテゴリーに橘いずみも入れられていたが、明らかに他とは異なる存在だったと思う。ショートカットでボーイッシュな雰囲気ながらも顔立ちはキュートで、ビジュアル面だけならまさにガールポップと呼ぶに相応しいもので、そのメロディーやサウンドメイキングはポップなものも多かったが、その歌詞の世界観は必ずしもポップなものばかりではなかった。いや、デビューシングル「君なら大丈夫だよ」、そして2ndシングル「また かけるから」はまだポップと言える内容ではあった。前者はやや陰りがあるものの、最終的には前向きに締め括られるし、後者は不安を隠し切れない遠距離恋愛が綴られているが、メロディーやサウンドがそれを補っている印象だ。やはり3rdシングル「失格」が彼女の分水嶺だったと言える。

 彼女には “女・尾崎豊”という異名があった。これは彼女の資質がどうの…というより、尾崎豊のプロデューサーでもあった須藤晃氏が彼女のプロデューサーでもあった点が大きいのだろう(「ストイックなまでに自虐的な歌詞が尾崎に似ている」との論調もあるようだけど、尾崎はストイックではあったが、自虐的ではなかったと思うのだが…)。M1「打ちのめされて」のメロディー感や“カモン!”の掛け声、M2「東京発」のサックスの使い方、Aメロの自ハモは、まさに尾崎調──いや、須藤晃調ではある。M10「がんばれ、なまけもの」のサウンドもそうだ。個人的には、CDジャケットのアートワークに尾崎感があると思う。2ndアルバム『どんなに打ちのめされても』は最たるもので、Gジャンを着ている姿からしてその雰囲気があるし、裏面でコートを翻す後姿を始め、中ジャケのショットもそれっぽい。何よりもモノトーンなのもいいし、そこに“SONY”のロゴが入れば、それはもう尾崎豊を想像してしまう。彼女は2004年に発表された尾崎豊トリビュートアルバム『BLUE~A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に「路上のルール」で参加している。これが、いい意味でひねりのない、ド直球のカバーで、清々しいほどだったことも付け加えておく。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2015年6月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「OKAMOTO'S」のニュース

次に読みたい関連記事「OKAMOTO'S」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SEAMO」のニュース

次に読みたい関連記事「SEAMO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SHISHAMO」のニュース

次に読みたい関連記事「SHISHAMO」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。