​​上妻宏光​、各界のトップランナーとコラボしたイベントが大成功

​​上妻宏光​、各界のトップランナーとコラボしたイベントが大成功
​8​月​29​日@渋谷公会堂 (okmusic UP's)
今年ソロ・デビュー15周年を迎え、伝統的な津軽三味線をベースに、ジャンルを超えたセッションを重ね進化を続ける三味線プレイヤーの上妻宏光が、国内のトップアーティストを集結させたイベント「日本流伝心祭 クサビ 其ノ四 -伝統と革新-」を​8​月​29​日(土)に渋谷公会堂にて開催した。

【その他の画像】由紀さおり

「日本の文化や風土に立脚しながら、世界に通じる新しい価値観を発信したい。」という上妻の想いに賛同したアー ティストを集め2011年に立ちあがった「クサビ」は、開催​4​回目を数える今年も例年に劣らない豪華なラインナップを揃え、満員御礼の公演となった。

公演は静寂を打ち破るかのように上妻宏光と歌舞伎囃子方・田中傳次郎の二人による「大蛇」(おろち)にて開演した。この曲は昨年、市川海老蔵氏の自主公演「ABKAI 2014」のために上妻が書き下ろした楽曲だ。三味線と小鼓のコラボに会場中が惹きこまれる。

その後、和装に着替えて登場した上妻は、フラメンコギタリスト・沖 仁とのジャンルを越えたコラボによる「卯月花嵐」(うげつはなあらし)を披露。東西の撥弦楽器が出会い、それぞれの違いと共通性を浮き彫りにし、ぶつかり合うさまは圧巻だ。

さらに、真っ赤なきらびやかなドレスに身を包んだ由紀さおりがステージへ。上妻との交流について由紀さおりは「もともとラジオで上妻さんのアルバムを紹介してからお友達になりました。このあと登場する猿之助さんのプロデュース公演でコンサートを行った際に猿之助さんに三味線で一緒に歌わせて欲しいという希望をかなえていただいたのが縁で以前に共演もしました。」と​語る。そして、ピンク・マルティーニがコラボし大きな話題となった​2011​年発売のアルバム『1969』収録の「マシュ・ケ・ナダ」を披露。続いて上妻の最新アルバム『伝統と革新-起-』にボーナストラックとして収録されている美空ひばりのカバー「リンゴ追分」を披露​した。昭和が誇る大

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2015年8月31日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。