1990年の日本の音楽革命に今一度注目してみた5選

昭和天皇が崩御されて年号が“平成”に変わり、美空ひばりが亡くなり、“昭和”の終焉を感じさせた89年を経て、何かが大きく変わろうとしていた1990年。歌謡曲が“J-POP”に呼称を変え、クラブ・ミュージックの台頭によって音楽シーンも大きく変わろうとしていたあの頃。当時、中学3年生だった僕はレンタルCD屋さんに足繁く通い、次々とリリースされる聴いたこともない音楽たちにドキドキしてたもんですが。今振り返っても、1990年という年はその後の日本の音楽シーンを変える、とんでもない年だったみたいです!

■1.「おどるポンポコリン」(’90)/B.B.クィーンズ

90年がどんな年だったのか? ピンとこない人に思い出してもらうためにヒットチャートを振り返ると、130万枚を売り上げて、年間チャート断トツ1位を叩き出したのが、89年よりスタートして大人気作となった『ちびまる子ちゃん』のテーマソング「おどるポンポコリン」。CDセールスで100万枚を超えたのはこの作品が始めてで、翌年91年からはCDの普及により、ミリオンやダブルミリオンが続出! この後、数年間続く“音楽バブル”と呼ばれる時代の幕開けとなったのが90年だった。

■2.「恋とマシンガン」(’90)/フリッパー・ギター

80年代末から続くバンドブームが未だに強い影響を与え、“渋谷系”という言葉がまだ浸透していなかったこの頃。ドラマ『予備校ブギ』の主題歌として流れた「恋とマシンガン」のオシャレなサウンドは、あまりにも都会的で衝撃だった! 89年、全編英詞の1stアルバム『three cheers for our side ~海へ行くつもりじゃなかった』リリース後、彼らを広く知らしめた2ndアルバム『CAMERA TALK』をリリースしたのが90年。ネオアコ、ギターポップなどの流れを汲んだ彼らの最先端の音楽は、バンドブームに熱狂する人たちにまったく新しい価値観を与えるのに十分すぎるものだった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク