ストイックに歩んだインディーズの雄、ELLEGARDENの名盤『RIOT ON THE GRILL』

ストイックに歩んだインディーズの雄、ELLEGARDENの名盤『RIOT ON THE GRILL』
ELLEGARDEN『RIOT ON THE GRILL』ジャケット (okmusic UP's)
昨年、細美武士が立ち上げた新バンド、MONOEYESのライヴを拝見した。バンドというよりもアート・プロジェクトに近いthe HIATUSとの比較により、余計にシンプルさが強調されたような印象を受けたことは否めないが、「細美武士が速い曲に戻ってきた」と自身もMCで語っていた通り、ストレートなパンクロックが彼本来の資質であったことを再確認させられた。となると、やはり思い出すのはELLEGARDEN。邦楽ロックシーンに果敢に切り込んだ彼らの足跡を振り返ってみた。

【その他の画像】Scars Borough

■ピュアな魂のままにシーンへ挑む

インディーズバンドのままであり続けながら邦楽シーンをけん引したELLEGARDEN は、PIZZA OF DEATH RECORDS主宰のHi-STANDARD、アルバム『MESSAGE』を280万枚以上売り上げたMONGOL800と並んで、邦楽史に名を残す偉大なバンドのひとつだ。CD不況と言われる最近でも、所謂メジャーレーベルに所属していないことで資本面、流通面でのアドバンテージが低くなることは間違いない。それゆえに…だろう。古今東西のビッグヒット作品、大ブレイクアーティストのほとんどはメジャーレーベルから生まれているし、ある時期まで“インディーズで名を挙げて、鳴り物入りのメジャーデビュー”は定番化していた感じさえある。だが、ELLEGARDEN はメジャー契約のないまま、幕張メッセでのワンマンライヴで約3万人を動員し、5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』をチャート1位に叩き込んだ。これらは偉業と呼んでいいであろう。ライヴハウスにこだわり続けたバンドなだけに(少なくとも当時は)絶対に実現しなかっただろうが、最盛期だった2007年頃なら東京ドームを埋められたのではないかと思われるほど、彼らへの支持は圧倒的だった。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年2月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。