エレファントカシマシがメジャー復帰に際し、 自らを奮い立たせる言葉を注いだ『ココロに花を』

エレファントカシマシがメジャー復帰に際し、 自らを奮い立たせる言葉を注いだ『ココロに花を』
『ココロに花を』/エレファントカシマシ (okmusic UP's)
デビュー30周年のアニバーサリーイヤーを迎えたエレファントカシマシ。シングル「デーデ」でデビューした1988年3月21日からちょうど30年目になった日に、オールタイムベストアルバム『30th Anniversary「All Time Best Album THE FIGHTING MAN」』をリリースしたばかりで、それに加えて12月まで続くバンド史上初めての47都道府県ツアーもスタートした。ベテランと呼ばれる域に突入してますます勢い盛んな彼らの姿を見ていると、それだけで元気をもらえるように思うリスナーも少なくないのではなかろうか。数あるエレカシ作品の中から前向きな気分にさせてくれる名盤をご紹介!

【その他の画像】エレファントカシマシ

■セールスが振るわなかった初期

昨年末に宮本浩次(Vo)の主演ドラマが放送されたり、メンバー4人で朝のワイドショーに出演して生演奏したりと、ここ最近は30周年イヤーに相応しい露出がなされてきたエレファントカシマシ(以下、エレカシ)。彼らのテレビ出演自体が珍しいわけではないし、今までお茶の間に進出してきたからこそ、名曲たちが一般層にも浸透し、宮本のキャラクターも認知されたのであろう。それは確かだが、彼のデビュー時を知る者のひとりとしては、こうしてエレカシがマスメディアで取り上げられると、依然として隔世の感を禁じ得ない。90年代前半までのエレカシ、とりわけ宮本は対外的にはフレンドリーとは程遠い印象で、少なくともテレビメディアが似合うとは思えない男だった。イベントライブに出演して、観客が拍手をしたり声援を送ったりすると、それを「うるせぇ!」と一蹴し、会場の空気を凍らせたというのはファンの中では有名な話であろう。筆者は某音専誌のインタビュー記事に宮本の暴言が載っているのを見た覚えがあるし、当時の所属事務所に取材を申し込んだら、「まぁ、ああいう男なので取材はなかなか…」とやんわりと断られた記憶もある。また、その後、単独ライヴを何度か拝見させてもらったが、オーディエンスは宮本がイベントで毒づいたことを知っているからだろう。拍手もまばらで、声援も皆無。MCもほぼなかったので、曲と曲の間になると、ステージと客席との間に凄まじい緊張感が張り詰める、何とも不思議な空間を体験したこともある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2017年3月22日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュース

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「池田貴史」のニュース

次に読みたい関連記事「池田貴史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「さかいゆう」のニュース

次に読みたい関連記事「さかいゆう」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。