日本武道館のバトンをつなぐ、ベテランバンドたちの名曲5選

1966年にザ・ビートルズが来日公演を開催して以降、“ロックの聖地”として数多くのロックバンドが伝説を生んできた日本武道館。昔から“日本武道館”を目標とするバンドは多く、武道館でライヴをするということは人気を指し示すバロメーターやひとつのステイタスでありながら、それだけでない特別な意味を持っていた。そんな日本武道館で09年にワンマンを行なったthe pillowsをきっかけに、ベテランバンドたちが武道館のバトンをつなぐ、素敵な連鎖が起きている。ここではそんなベテランバンドたちが武道館で鳴らした名曲たちを紹介したい。

【その他の画像】the pillows

■「ハイブリッド レインボウ」('97)/the pillows

2009年9月16日、結成20周年を記念して日本武道館公演を開催。本編ラストに演奏されたのが、この曲だった。この曲も収録された98年リリースのアルバム『LITTLE BUSTERS』は人気も高く、バンドを取りまく環境が好転していくきっかけになったと言われる作品。00年代にはOPテーマや挿入歌を提供したアニメ『フリクリ』の効果もあり、国内のみならず、海外からも高い評価を集めたthe pillows。あの頃、《きっとまだ 限界なんてこんなもんじゃない》と現状への不満と未来への仄かな希望を歌っていた山中さわおは、その12年後に満員の武道館に立ち、どんな想いでこの曲を歌ったのだろうか? 20年前の楽曲だが、エモーショナルな歌とギターは色褪せることなく心に響く。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク