第2期ドゥービーズを率いたマイケル・マクドナルドの初ソロ作『思慕(ワン・ウェイ・ハート)』はAORの傑作

第2期ドゥービーズを率いたマイケル・マクドナルドの初ソロ作『思慕(ワン・ウェイ・ハート)』はAORの傑作
『If That's What It Takes』(’82)/Michael McDonald (okmusic UP's)
「ロング・トレイン・ランニング」や「チャイナ・グローブ」などの大ヒットを持つドゥービー・ブラザーズは、トム・ジョンストンとパット・シモンズのツートップを中心にして、カントリーロックからハードなアメリカンロックまで幅広いサウンドで勝負したグループだった。75年にトム・ジョンストンが健康状態の悪化で休業を余儀なくされたため、急遽代役として呼ばれたのがスティーリー・ダンのメンバー、マイケル・マクドナルドである。彼の参加でグループの音楽は、それまでの骨太で田舎風のロックから、AOR寄りの都会的なサウンドになった。75年の『スタンピード』までの第1期と76年の『ドゥービー・ストリート』以降の第2期では、違うグループになったと言ってもいいだろう。今回は第2期ドゥービーズを率い大成功へと導いたマイケル・マクドナルドが82年にリリースし、全米チャート6位まで上昇した彼の初ソロアルバム『思慕(ワン・ウェイ・ハート)(原題:If That’s What It Takes)』を取り上げる。

【その他の画像】The Doobie Brothers

■70年代前半は「自然」と「のんびり生きる」がキーワード

50年代から60年代にかけて高度成長を続けてきた日本が抱えていた、川や大気の汚染と各種公害が大きな社会問題となり、70年代に入ると自然を大切にする風潮が世界的に広がっていく。ポピュラー音楽の分野にもその影響は広がり、田舎やのんびりした生活を反映したカントリーロックに大きな注目が集まることになる。アメリカではイーグルス、リンダ・ロンスタット、ニッティ・グリッティ・ダート・バンド、イギリスではリンディスファーン、フェアポート・コンヴェンション、ブリンズレー・シュウォーツなどが人気となっていた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年4月21日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。