Plastic Tree、40作目のシングルは最新型のプラ流“雨ソング”

Plastic Tree、40作目のシングルは最新型のプラ流“雨ソング”
Plastic Tree (okmusic UP's)
メジャーデビュー20周年を迎えたPlastic Tree。ニューシングル「雨中遊泳」を6月21日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】Plastic Tree

バンド通算40作目となる本作。表題曲「雨中遊泳」は有村竜太朗が作詞、長谷川正が作曲が手がけ、前作「念力」のインダストリアルなサウンドからは一転、バンドの原風景のひとつと言えるシューゲイザー的サウンドアプローチをとり、有村の文学的な歌詞と相まってバンドの世界観を体現した幻想的な楽曲に仕上がった。雨にまつわる楽曲が多い彼らだが、Plastic Treeの雨ソングの決定版ともいえる楽曲に仕上がっている。

今作の初回限定盤には「雨中遊泳」のMVを収録、そして初回限定盤BとCはそれぞれ内容の異なる豪華撮り下ろしフォトブックレット仕様となっている。タワーレコード限定での予約特典として「オリジナル特大B1ポスター」がもらえるキャンペーンもスタートしているので、ぜひチェックしてみよう。

また、デビュー20周年の特別公演として、7月29日にバンド初のパシフィコ横浜公演『Plastic Tree二十周年“樹念”特別公演』を行う彼ら。この公演は『第一幕 【Plastic】things/1997–2006』と『第二幕 【Tree】songs /2007–2016』と昼、夜の2部構成になっており、内容はメジャーデビューからの前期1997年~2006年までのアルバム、後期2007年~2016年までのアルバムの中からそれぞれファンリクエストを募り、トップ2枚のアルバムを完全再現する。その他、次点のアルバムから楽曲をメンバーがセレクトし、バンド自身のこれまでの歴史を実演する、というもの、オフィシャルHPでリクエストを募集していたが、この度リクエストの結果も発表された。『第一幕 【Plastic】things/1997–2006』でトップとなったのは2ndアルバム『Puppet Show』。 『第二幕 【Tree】songs /2007–2016』でトップとなったのは8thアルバム『ネガとポジ』。周年ならではのメモリアルな公演になるのは間違いないので、こちらも足を運んでみよう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 有村竜太朗 ライブ
OKMusicの記事をもっと見る 2017年4月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「有村竜太朗 + ライブ」のおすすめ記事

「有村竜太朗 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。