桜の季節がやって来た! 俺的、桜ソング2016

桜の季節がやって来た! 俺的、桜ソング2016
さくら学院『仰げば尊し ~from さくら学院2014~』のジャケット写真 (okmusic UP's)
平年より早い開花予想が発表され、今年も桜の季節がやって来た日本。開花から満開まで、わずか一週間。出会いや別れの季節である春の訪れを伝えるように美しく咲き、儚く散ってしまう桜には誰もが特別な想いがあるようで。改めて掘り下げてみると、こんな人も桜ソングを歌ってたんだ!と驚くことも多いはず。某テレビ番組で、河口恭吾が「桜ソングは自分にとって悪魔の曲」と語り話題になっているが、《梅は咲いたか 桜はまだかいな》と歌われた江戸時代から今もなお、桜は日本人と表現者に愛され続けてるようです!

■1.「さくらのうた」(’16)/高橋優

“2016年桜ソングの代表曲”と言える、高橋優の桜ソング。以外にも季節物の歌をあまり歌ってこなかったという彼。取材の際には、「桜ってちょっとロマンチックすぎると思ったけど、一度歌ってみたかった」と語っていたが、大事な人とのつながりや約束を表現するのに、やっぱり桜は誰にもイメージが沸きやすく、桜を通して伝えたかったことがしっかり伝わる楽曲。今年、地元・秋田の母校である中学の卒業式にサプライズで登場し、この曲を披露した。卒業する生徒が離れ離れになる友達に「また会おうね」と約束を交わしている時に生歌でこの曲が流れてるなんて、羨ましすぎる思い出です!

■2.「さくらのうた」(’13)/KANA-BOON

今どきの人気若手バンドだって桜は大好き! 桜を見て思い出す幼かった恋、大好きだったあの子。心踊る春の陽気のような軽快なメロディーに乗せた、キャッチーな歌声。《僕は子供だった もう戻れないのかなぁ》なんてセンチな歌詞も切ないだけにならず、儚くも美しい思い出に聴こえるのは、まさに桜マジック! 人の数だけ桜の思い出があると言ったら大袈裟だけど、老若男女問わず、桜を見ると思い出すさまざまな風景や思い出があるからこそ、桜ソングが愛されるのだろうなと思わされた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2016年3月21日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。