The MANJI、久々のワンマンでニューアルバムの新曲を惜しみなく連続投下

The MANJI、久々のワンマンでニューアルバムの新曲を惜しみなく連続投下
5月26日@Shibuya duo MUSIC EXCHANGE (okmusic UP's)
ジャパニーズロック界の強者であり、曲者でもある3人、ROLLY(Gu&Vo)、佐藤研二(Ba&Vo)、高橋ロジャー和久(Dr&Vo)によるロック・トリオ“The MANJI"が5月26日、Shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて久々となるワンマンライヴ『~MANJIのロックファイヤー~』を行なった。

【その他の画像】THE卍

そのオープニングを飾ったのは1stアルバム『卍』の1曲目でもある「ロックンロール中学生」。古き良き時代のロックのオマージュを下地に、やりたい放題にロックする、しかもかなり屈折させて…という、ある意味このバンドの真髄と言えるサウンドが初っ端から炸裂! もちろん佐藤は白い手袋を左手に着用してベースをブリブリに鳴らしているし、ロジャーはドライでクールなビートを叩き出し、ROLLYはいわゆる“顔で弾く"情感たっぷりのギターを鳴らしている。「卍 Part2」「サボテン」といったディープなナンバーでは、ヴォーカルに負けないくらい、それぞれの楽器が歌っているし、サウンドの起伏だったり、展開の移り変わりも半端ない。序盤にして、もはやステージは彼らの独壇場となっていた。

中盤に差し掛かると、7月5日にリリースを控えている8年ぶりのアルバム『TRIPLED』から“すごくThe MANJIらしい、怪奇でおかしなナンバーを2曲続けて聴いていただきます"(ROLLY)と、「MANJI パワー MANJI ドリンコ」「来るのでっす」を披露。曲名のタイトルコールだけで笑いが起こるが、いざ演奏が始まれば、強靭なバンドグルーブが客席を飲み込み、蠢くような各パートのフレーズがオーディエンスを深く酔わせる。演奏後、ROLLYが「こんな変な曲をやっているバンドは他にいない」と言っていたが、「全然変じゃないよ。みんな2小節目から歌ってたもん」と佐藤。どちらの言葉にも納得だ。怪奇でおかしなナンバーだが、難解であってもポップでキャッチー、そこが“The MANJIらしい”ところなのである。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年5月31日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。