やついいちろう曰く『ヤツイフェス』のコンセプトは「自分の家の本棚」

やついいちろう曰く『ヤツイフェス』のコンセプトは「自分の家の本棚」
やついいちろうインタビュー (okmusic UP's)
今年で第6回目を迎え渋谷の風物詩となった、やついいちろう(エレキコミック)主催イベント『YATSUI FESTIVAL 2017』がTSUTAYA O-EASTを始めとした渋谷12会場で6月17日と18日に行なわれ、270組以上の出演が予定されている。同イベントには今年も日本工学院専門学校コンサートイベント科の学生がスタッフとして参加しており、その学生の代表がやつい本人に『ヤツイフェス』についてインタビューを実施!

【その他の画像】DJやついいちろう

ーー2012年にスタートし、今年で6回目となる『ヤツイフェス』ですが、始めたきっかけというのは?

やつい:それ以前にもDJイベントやお笑いのイベントを主催していたんですけど、ある時、サニーデイサービス曽我部恵一さんから「フェスをやったら?」と軽く言われて。当初は「フェス?」と思ったけど、そのすぐあとに渋谷テレビジョンさんから「O-EASTを使って何かイベントをやりませんか?」とお話をいただいたんですよ。これも何かの縁なのかな?と思ってやることになりました。

ーーリストバンドひとつでO-EASTやO-WESTなどの複数会場を観て回われるのは、まさに『フジロック』などの野外フェス感覚ですよね。

やつい:ただ大きく違うのは、都会のど真ん中の渋谷でやってるということ。他の野外ロックフェスのように、山に行ったり、海に行ったりするわけじゃないので、渋谷に行くということにどうスペシャリティーを加えるかとか、ただ近隣のライヴハウスが連動してやっているだけにならないように一体感が生まれる仕掛けは考えましたね。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年6月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。