ブンブンサテライツ、ラストライブに精鋭映像クリエイターが集結

ブンブンサテライツ、ラストライブに精鋭映像クリエイターが集結
(okmusic UP's)
6月18日(日)に新木場STUDIO COASTにて行われる、ブンブンサテライツ最後のライブ『FRONT CHAPTER-FINAL SESION-LAY YOUR HANDS ON ME Special Live』。昨年逝去したボーカルの川島道行不在のライブとしてどのように行なわれるのか注目が集まる中、ステージ演出に参加する映像クリエイター達が発表された。

OK GO、Perfumeらなど数々のMVを制作し、ブンブン最後の楽曲となった『LAY YOUR HANDS ON ME』のMVを手掛けた関和亮をはじめ、2012年のTokyo Station Visionのプロジェクションマッピングや『KICK IT OUT』『EASY ACTION』などブンブンの代表曲のMVを担当した長添雅嗣、晩年の川島道行のドキュメント映像を録り続け『BROKEN MIRROR』『NINE』に加え、川島が最後に出演したMV『STARS AND CLOUDS』を撮影した柿本ケンサク、そして『ONLY BLOOD』のMVや“EMBRACE TOUR"武道館公演の映像を手掛けた山本太陽が集結しステージ演出を手掛けるとのこと。

メンバーの中野は自身のTwitterで「バンドが長年にわたり大変お世話になりました。そしてまた今週末、最高の夜になる事でしょう。ヤバイですよ。」とクリエイターの面々を紹介した。

ブンブンと関わりの深い精鋭クリエイター達が手掛ける演出とバンドが織り成すサウンドで、前代見聞のライブになること間違いなしだ。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年6月15日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。