松崎しげる主催イベント「黒フェス~白黒歌合戦~」が大盛況のうちに幕

松崎しげる主催イベント「黒フェス~白黒歌合戦~」が大盛況のうちに幕
「黒フェス~白黒歌合戦~」 (okmusic UP's)
ソロデビュー45周年を迎えた松崎しげるが、9月6日の“松崎しげるの日"(9.6=クロ、日本記念日協会認定)に、幕張メッセ国際展示場にて「黒フェス~白黒歌合戦~」を開催した。

【その他の画像】SuG

同イベントは、6月10日にアルバム『私の歌~リスペクト~』をリリースするなど精力的に活動を続ける松崎自身が、初めて主催した音楽フェス。オープニングトークでMC・マイケル富岡から心境を聞かれた松崎は、「いろんな友達が集まってくれました。友達は作っておくものですね」と笑顔でコメントしつつ、「当年とって65歳の松崎しげるが45周年を迎えました。ここに『黒フェス』を開催いたします!」と高らかに宣言した。

竜馬四重奏によるオープニングアクトに続いて登場した大友康平は、HOUND DOGの代表曲「ff(フォルティシモ)」を披露。サビ部分では観客が拳を突き上げ熱唱を後押しした。続いて登場したゴスペラーズは、名曲「永遠に」で松崎とコラボし会場を魅了。葉加瀬太郎は「(松崎は)いつも濃い人。スイッチをオフにしているところを見たことがない」と松崎を評し、「情熱大陸」など3曲を演奏した。

前半の山場となったのは、お互いを“マツ"“西やん"と呼び合うほど親しい間柄である西田敏行の出演パート。松崎は、「ハートの温かさでこの人にかなう人間はいません。―中略―この先輩の背中は大きいですね。まあ、腹もデカイですけど(笑)」と西田に敬意を表しながら会場を笑わせた。西田はピアニスト・西村由紀江の伴奏により、不朽の名曲「もしもピアノが弾けたなら」を披露。また、70年代に松崎と共演していたテレビ番組「ハッスル銀座」で話題となった“即興ソング"コーナーを再現。松崎のギター伴奏に乗せ、“松崎の家族に対する愛"を歌いあげた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2015年9月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「夏木マリ」のニュース

次に読みたい関連記事「夏木マリ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小林幸子」のニュース

次に読みたい関連記事「小林幸子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大森靖子」のニュース

次に読みたい関連記事「大森靖子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。