佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは“モダン・クラシックス”!?

佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは“モダン・クラシックス”!?
拡大する(全4枚)
佐野元春 (okmusic UP's)
佐野元春が2年ぶりとなるオリジナル・アルバム『MANIJU(マニジュ)』を7月19日にリリースすることがわかった。同作は佐野元春を筆頭に深沼元昭(Gui./プレイグス)、小松シゲル(Dr./ノーナ・リーヴス]、高桑圭(Bass/カーリー・ジラフ]、藤田顕(Gui./プレクトラム)、渡辺シュンスケ(Keys./シュローダー・ヘッズ)らで2005年に結成されたザ・コヨーテ・バンド名義による『COYOTE』(2007年)、『ZOOEY』(2013年) 、『BLOOD MOON』(2015年) に次ぐ4 作目となるオリジナル・スタジオ盤となる。

多彩でポップなサウンドが魅力の新作『MANIJU』は、サイケデリック、フォークロック、ニューソウルなどを現代的な解釈で再構築した、「佐野元春モダン・クラシックス」とでもいうべきサウンドに仕上がっている。リリックの面では、前作『BLOOD MOON』が実存的リアリズムで描く大人向けのロック・アルバムだったのに比べ、新作ではより若い都市生活者たちの憂いが描かれている。

アートワークは前作同様、ヒプノシスの流れを汲む英国のデザイン・チーム 'StormStudios' が担当。作品が持つロマンティックかつサイケデリックな雰囲気が視覚化されている。 また、レコーディングとマスタリング・エンジニアは長年、佐野元春 & THE COYOTE BANDのサウンドを手がけている渡辺省二郎とTED JENSEN(テッド・ジャンセン)。バンドのライブ・サウンドを生かすべくアナログ音を重視したサウンドに仕上がっている。

この記事の画像

「佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは“モダン・クラシックス”!?」の画像1 「佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは“モダン・クラシックス”!?」の画像2 「佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは“モダン・クラシックス”!?」の画像3 「佐野元春、2年ぶりのオリジナル・アルバムは“モダン・クラシックス”!?」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

佐野元春のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「佐野元春」に関する記事

「佐野元春」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「佐野元春」の記事

次に読みたい「佐野元春」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク