ニコラス・エドワーズ、毎年恒例のサマーコンサートで圧巻のパフォーマンスを披露

ニコラス・エドワーズ、毎年恒例のサマーコンサートで圧巻のパフォーマンスを披露
6月25日(日)@東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール (okmusic UP's)
ニコラス・エドワーズが6月25日(日)に東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて、毎年恒例となっているサマーコンサート『MOTION 2017 Summer Concert』を開催した。

4月から5月にかけては、全国6カ所9公演に及んだキャリア初のアコースティックライブツアー『ALIVE sessions:Acoustic Tour Spring29』を行なったニコラスは、『心待ちにしてたなんてもんじゃない。春のツアーから1ヶ月ちょい空きまして、寂しいなってずっと思ってました。たくさんの皆さんに会えて本当に嬉しく思っているので、その気持ちを音楽で伝えていきたいと思います』とあいさつ。満員の会場から大歓声が沸き起こる中、レゲエのビートを導入した「Freeze」やバンジョーが加わってカントリー風味が増した「モナリザ」、軽快なブギーファンク「W/W/W」などを新しいアレンジで披露。『いろんな好みがあるみなさんがきっと楽しんでいただけると思う』という言葉通り、あらゆる観衆を満足させる、多種多様なジャンルをミックスした、素晴らしいステージングをみせてくれた。

ライブの中盤では、先のアコースティックツアーを振り返り、『自分の中で新たな気づきが見えたので、今日はその雰囲気をちょっと味わってもらえたらと思います』と語り、アコースティックツアーで歌ってきた6曲をパフォーマンス。ウクレレを基調に「Over the Rainbow」(虹の彼方に/ジュディ・ガーランド)と「What a Wonderful World」(この素晴らしき世界/ルイ・アームストロングをメドレーでつなぎ、ディスコナンバー「VENUS」(ショッキング・ブルー)は、ニコラスがアメリカ公演の最後に歌った「Superstition」(迷信/ステーヴィー・ワンダー)とミックス。再び、エレキギターのカッティングで「VENUS」に戻りながらも、「Superstition」の印象的なホーンアレンジをかぶせた構成となっており、生演奏でDJミックスを聴いているような新鮮さな驚きがあった。さらにベートーヴェン「運命」をイントロに挿入した

あわせて読みたい

気になるキーワード

ニコラス・エドワーズのプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る 2017年6月26日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ビッケブランカ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビッケブランカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SCANDAL」のニュース

次に読みたい関連記事「SCANDAL」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「清水翔太」のニュース

次に読みたい関連記事「清水翔太」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら