“車椅子のボーカリスト”奥野敦士擁するROGUE、バリアフリーの拡充を目指すイベント今年も開催

“車椅子のボーカリスト”奥野敦士擁するROGUE、バリアフリーの拡充を目指すイベント今年も開催
6月24日(土)@群馬・ヤマダグリーンドーム前橋 (okmusic UP's)
奥野敦士率いるROGUEがホストバンドを務めるライヴイベント『GBGB“G-Beat Gig Box”』が、6月24日にヤマダグリーンドーム前橋にて開催された。

“GBGB”は、奥野の不慮の事故を受け、彼の地元でもある群馬県の有志達が設立したLLP信誠会を中心に、福祉の充実、バリアフリーの拡充を目的に群馬で実施される音楽イベント。開催趣旨に賛同するアーティストやボランティアスタッフにより開催されるイベントも今年で5回を迎え、今回も収益については例年通り、一部経費を除き福祉車両の購入などに充てられる事になっており、今年も、このイベントを楽しみ集まる、会場を埋め尽くしたファンを前にステージは開演した。

オープニングアクトLOOP CHILDの演奏の後、トップバッターを務めたのはRespect up-beat。80年代ROGUEとともにバンドシーンを牽引したUP-BEATのボーカル広石武彦がUP-BEATの歌を再びファンと共有するためにスタートしたバンドである。広石はステージに上がると開口一番「ハロー群馬!」と会場にコールし、「DEAR VEANUS」でライヴはスタート。MCでは「ロックの聖地群馬にやっと来れたよ!」と喜びをオーディエンスに伝え、代表曲「KISS IN THE MOON LIGHT」など数々のビートロックを披露し会場を沸かせる。

2番手はGBGB初回から参戦のFLYING KIDS。「♂+♀(ボーイミーツガール)」からグルーヴィーでダンサブルなステージを展開していく。MCで浜崎は「毎回出ているけどこれは何かの癒着かー!」と会場を笑わせ、ホーム感たっぷりの和やかムードの中、"幸せであるように"、"風の吹きぬける場所へ"などヒットチューンを繰り広げた。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年6月27日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。