歌手の伊藤美裕が8月27日に東京・赤坂グラフィティにて、自身が主催する歌謡曲フェス『伊藤美裕のミユダマ ~2017夏の歌謡祭~』を開催した。

伊藤美裕は“歌謡曲の歌姫”のキャッチコピーで、コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年4月にデビュー。同年末のレコード大賞新人賞を受賞し、今年7年目を迎えている。2013年より、ロックならぬ“歌謡曲の夏フェス"を作ろうという趣旨で、自身の呼びかけで「伊藤美裕のミユダマ」という歌謡曲フェスティバルを年に一回、開催している。歌謡曲を独自の感覚でリスペクトするアーティストたちが集い、世代を超えた音楽ファンと一体となって楽しむイベントとなっている。

5回目の開催となる2017年も『伊藤美裕のミユダマ ~2017夏の歌謡祭~』と題し、4アーティストが集結。高浪慶太郎(元ピチカート・ファイブ)プロデュースで2012年にデビューした歌謡ポップアーティストの野佐怜奈、プロマイドの老舗「マルベル堂」とのコラボレーションから生まれた歌謡曲ユニット「昭和浪漫プロジェクト」より智本莉加、2003年に結成された歌謡バンドで「昭和40年代の歌謡曲」をテーマにしながら活動しているバンド・サロメの唇、和田ひろしとマヒナスターズの最後のボーカルで現在は歌謡漫談などでも活躍している歌手・タブレット純の4組だ。

本番は60名の観客を前にワンピース姿で登場した智本莉加が、松田聖子「風立ちぬ」、山口百恵「謝肉祭」をカバーしスタート。オープニングラインナップでハッピ姿で登場した伊藤が、「12時半だョ!全員集合」の掛け声で出演者を呼び込むと「皆さんこんにちは、『ミユダマ2017』行ってみよう」と、夏の歌謡祭の開幕を宣言。そして「今日は5回目の開催ということになりました。赤坂に場所を移して今年で2年目です。去年はラグジュアリーな雰囲気でお届けしましたが、今年は赤坂といえばTBSということで、幻の番組『8時だョ!全員集合』をモチーフにしてやってみたいなと。若いパワーのみなぎるステージになります。みんなもわいわい楽しんでもらえたら嬉しいです」と語った。

この記事の画像

「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像1 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像2 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像3 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像4
「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像5 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像6 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像7 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像8
「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像9 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像10 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像11 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像12
「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像13 「伊藤美裕、歌謡曲フェス『ミユダマ2017』を開催」の画像14