スクリッティ・ポリッティの名盤『キューピッド&サイケ85』は80年代中期以降にデジタル録音の頂点を極め、多くのアーティストに影響を与えた

1980年以前と以降では、ポピュラー音楽の何が変わったのか。そのもっとも大きい変化は、デジタル機器を使った録音方法だと言える。70年代末に劇的な進化を遂げたデジタル技術は、ロック、ソウル、ファンクなどのポピュラー音楽の概念を変えてしまうほどの影響力を持ち、ジャズやカントリーを除いたほとんどのジャンルで主流になっていく。ところが、80年代初頭の録音ではまだサウンドが硬く、チープさが否めなかった。しかし、84年に12インチシングルとしてリリースされたスクリッティ・ポリッティの「ウッドビーズ」は、人力演奏とデジタル楽器の良さをミックスした驚異的なサウンドを持ち、以後のポピュラー音楽への指針ともなった記念碑的な作品だ。今回は、そのナンバーも収録したアルバム『キューピッド&サイケ85』を紹介する。

■デジタル録音の80年代

80年代初頭に巻き起こったデジタル録音だが、当初は物珍しかったこともあり支持されていた。しかし、2~3年もすると“低音が出ない”“音がチープすぎる”“ドラムマシーンが安っぽい”など、多くの問題点が指摘されるようになる。実際、僕も低音が出ないことにイライラし、ロックを聴くことをやめてしまった。そして、人力での演奏が多かったジャズやカントリー音楽を聴くことが増えた。60~70年代からロックを聴いている人間にとって、ベースの重低音や複雑なドラムフレーズがないと、どうしても物足らなさを感じてしまうのだ。僕と同じような理由で、80年以降の音楽に希望を持てなかった人は少なくなかったはずだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク