【ハルカトミユキ】『HARUKATOMIYUKI +5th Anniversary SPECIAL』2017年9月2日 at 日比谷野外大音楽堂

【ハルカトミユキ】『HARUKATOMIYUKI +5th Anniversary SPECIAL』2017年9月2日 at 日比谷野外大音楽堂
(okmusic UP's)
 “ハルカトミユキの音楽が好きってことは、何か悩んでて言葉にできない人たちだと思うんだけど、そのモヤモヤを私たちにぶつけてくれますか?”――ライヴ後半、ミユキ(Key&Cho)の叫ぶ問いかけは野音の空気をほぐしながら、理想的に熱くもしていた。

 冒頭「世界」から辺りを悠々と見渡して歌うハルカ(Vo&Gu)にしても、もはや甘えのないさを感じる。これまでぎこちない印象だった「DRAG & HUG」がバシッと決まり、よりBPMが上がってビートナンバー化した「伝言ゲーム」、ステージ後方の大スクリーンにふたりがナイスアングルで映し出された振付ありの「インスタントラブ」で、早くも胸がいっぱいに! 開演時に青かった空には、いつの間にか月がドラマチックに輝いている。

 “デビュー5周年のお祭りなので、夏の終わりを一緒に楽しんでください!”というハルカのMC通り、代表曲はもちろん、ふたりだけで披露した結成後初めて作った曲「夏のうた」、光の粒がきれいに舞う中で凛と歌った「宝物」、健気な想いが温かい余韻を残す新曲「手紙」(11月公開の映画『ゆらり』書き下ろし主題歌)などを惜しみなく聴かせる。

 「近眼のゾンビ」ではハルカの拡声器2丁使いとミユキのギターが炸裂! そして、「終わりの始まり」ではMVさながらに歌詞も投影され、怒りを帯びた音塊に乗せて目をカッと見開いて訴えるハルカの表情がたまらなかった。ふたりの逞しさに高まりまくる観客。「LIFE 2」「種を蒔く人」の美しい生命力は次のツアーへも持続する。「Vanilla」のイントロで野音の木々がざわめいたんです、本当に。

あわせて読みたい

強のプロフィールを見る
OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月7日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。