【OLDCODEX】『OLDCODEX Tour 2017 “they go, Where?”』2017年9月12日 at Zepp Tokyo

【OLDCODEX】『OLDCODEX Tour 2017 “they go, Where?”』2017年9月12日 at Zepp Tokyo
(okmusic UP's)
 5thアルバム『they go, Where?』を引っ提げた『OLDCODEX Tour 2017 “they go, Where?”』が、9月3日のZepp Osaka Baysideを皮切りにスタートした。3カ所目となるZepp Tokyo 2デイズ初日、会場は超満員でフロアーは開演前から酸欠寸前。そこに爆音とともにメンバーが現れると、観客の感情が一気に爆発! Zepp Tokyoが揺れた。

 アルバム『they go, Where?』の楽曲を中心に披露したライヴはアンコールまでみっちり3時間近く。頭から最後まで轟音とシャウトが繰り出され、抜きどころは一切ない。以前よりひと回り身体がデカくなったTa_2(Vo)は全身から汗をしたたらせながら、血管がぶち切れんばかりに紅潮させて歌声を響かせた。終始体を揺らしてモッシュし続けた観客は「Where'd They Go?」で一体となって“ウォ~オ~オオ~”と振り絞ったコーラスで応えるが、その声にTa_2は満足しない。客席を睨み付け“そんなもんか?”とさらなる声を要求して、コール&レスポンスを繰り返す。最後には今まで聴いたことのないほどの爆音ならぬ“爆声”が会場の壁を震わせ、観客かステージ上の演者か、どっちが先に倒れてもおかしくないくらいの、まさしくガチ勝負といったぶつかり合いが繰り広げられた。

 また、YORKE.(Painter)が手掛けるステージセットは今回も実にアーティスティックだ。ブラシを持った手が立体的に描かれているなど、どこかNYの地下鉄のグラフィティアートを思わせる。そして、アートワークは門外漢であっても、シンプルに目で見て楽しめるようなポップさや明るさがより感じられた。実際に最新アルバム『they go, Where?』には今までになかった明るく分かりやすい楽曲が多数収録されていて、ファンとの距離感を以前よりグッと近づけていた感じがあった。そんなところからも、なるほど、これが今のOLDCODEXのモードなのだなと実感させるものがあった。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年9月22日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。