この間の台風さえなければ! リベンジを誓う5曲

この間の台風さえなければ! リベンジを誓う5曲
ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)
「諦めましたよ どう諦めた 諦めきれぬと諦めた」というのは花柳界の都々逸ですが、この夏楽しいことありましたか。私は久々に首を縊りたくなるほど公私ともにトラブル続きでした。いいことと言えば、先月国立演芸場に落語を聴きに行った時に、トリを務めた桂歌丸師匠の誕生日をサプライズでお祝いしたくらいです。まさか師匠のためにハッピーバースデーを合唱することになる日が来るとは思いませんでした、しかも『報道ステーション』の取材で訪れていた松岡修造さんも一緒に。まぁそれはさておき、今年も夏フェスで束の間の自由とカタルシスに身を委ねて理性の留め金がぐらんぐらんになった方がたくさんいたことでしょう。その一方で、先日の台風によって楽しみにしていたイベントが中止になってしまった人もいるでしょう。「このために辛い現実に耐えてきたのに」と涙を飲んだみなさま、どうか生き延びてください。きっと待ち望んだ以上の景色に没入できる、ぎらぎらの陽光と音がざんざんとナイフのように降り注ぐ酷暑が訪れるはずです。

1. 「ララララ・ライフ」(’17)/夢みるアドレセンス

眩いビジュアルと圧倒的なパフォーマンスでなんだ坂こんな坂な苦境を乗り越えて前進し続ける夢アドも、『イナズマロックフェス2017』の2日目に登場するはずだったのです。病気療養により活動を休止していた小林れいの復帰作となる「ララララ・ライフ」は、ミュージカル調の楽曲とMVが映画『ララランド』を彷彿させ、ポジティブなメロディラインとペーソスの効いた詞のコントラストからメンバーたちの未来への意志が強烈に打ち出されるクライマックスのカタルシスに思わず拳を振り上げてしまうゴージャスな作品です。Cメロで心情を掻き立てるようにジミヘンばりのギターが挿入される遊び心の乱脈にくすりとしつつも、あくまで4人の素体の歌声を前面に出している実直さに涙がこぼれます。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年9月25日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。