超特急、約2年振りの野外フリーライヴが大盛況!

超特急、約2年振りの野外フリーライヴが大盛況!
9月30日(土)@ラゾーナ川崎 ルーファ広場 (okmusic UP's)
 超特急が、9月30日にラゾーナ川崎にて約2年振りとなる野外フリーライヴ『“THE END FOR BEGINNING -Step 1-” First Step? Last Step?』を開催。ステージを囲うルーファ広場、バルコニーの最上階まで埋め尽くすほどの8号車(超特急のファンの愛称)が集結し、大盛況を収めた。

 本公演は、2016年末に兵庫・東京で行なったアリーナツアー『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』から12月24日の国立代々木競技場 第一体育館公演の模様が完全収録されたBlu-rayの発売を記念して行なわれたもの。

 突然「超ネバギバDANCE」のイントロが流れ出すと、7人が登場。早速、「Super Star」に雪崩れ込むと、自己紹介パートではダンサーがひとりずつ前に飛び出し、タクヤは“ラゾーナ大好き~!”と叫び、ユーキはお得意のアクロバットで魅せるなど個性をアピール。「POLICEMEN」は久々の披露にもかかわらず、イントロがなった瞬間に歓声に包まれる。曲中に手にした警棒をドジっ子担当のユーキがうっかり落としてしまうが、タクヤが拾って手渡すファインプレー。アクシデントも笑顔で乗り切る堂々としたステージングに頼もしさを感じた。

 ひとりずつ口上で改めて自己紹介をしながら、会場となったルーファ広場、それを囲うバルコニーを上まで見渡し嬉しそうな表情を観せた。カイが“女子!”と叫び黄色い歓声に包まれた後、“男子!”と叫ぶと想像以上の歓声が響き、驚く場面も。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る 2017年9月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。