チャカ・カーンのソロデビュー盤『恋するチャカ』はソウル界だけでなく幅広いジャンルへ影響を与えた名作

1970年代、ソウル界でクイーン・オブ・ソウルと言えばアレサ・フランクリンであった。エタ・ジェイムズ、ローラ・リー、キャンディ・ステイトンなどすごい歌手は他にも少なからずいたが、アレサほど飛び抜けた技術力と天性の表現力を持ったソウルシンガーはいなかった。そんな中、チャカ・カーンは70年代後半にソロデビューした歌手だ。アレサを超えるかどうかは別として、80年代の音楽シーンにおいて、しなやかに伸びる高音とジャズからポピュラーまで歌いこなせる幅広い音楽性を武器に大活躍、その後のシンガーにもっとも影響を与えたのがチャカであることは間違いない。5月には3年振りの来日が決定していることもあって、今回は彼女の記念すべきソロデビュー作『恋するチャカ(原題:Chaka)』を紹介する。

■ディスコの流行

1977年、ジョン・トラヴォルタ主演の映画『サタデイ・ナイト・フィーバー』が公開された。日本では翌年の78年に公開され、映画はもちろん、ビージーズが手がけた主題歌も世界中で大ヒットする結果となった。日本でも映画のヒットを受け空前のディスコブームとなり、パチンコでもお馴染みとなった“フィーバー”という言葉は今でも使われているぐらいで、その人気がどれほどのものだったかがお分りいただけると思う。

爆発的なディスコの流行で、ポピュラー音楽(特にソウル)は変わった。それまでと比べ、ダンスに重点を置いたサウンドが主流となり、メロディーや歌詞、編曲よりも“踊れるかどうか”が重視され、ディスコ向きの曲(ソウルをベースにした軽いファンクのようなサウンド)をリリースすれば何でも売れた。質より量で勝負する、言わば音楽業界のバブル時代である。もちろん、シックやEW&Fなど良いグループもあったが、その多くはダンスのBGMとして消費されるためだけに作られた音楽だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「クイーン」に関する記事

「クイーン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クイーン」の記事

次に読みたい「クイーン」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク