チャカ・カーンのソロデビュー盤『恋するチャカ』はソウル界だけでなく幅広いジャンルへ影響を与えた名作

■白黒混合のファンクグループ、ルーファス

73年にデビューしたルーファスも、初期はディスコで消費されるようなダンス音楽をやっていた白人ファンクグループだった。ここに唯一黒人のリードシンガーとして在籍していたのがチャカ・カーンだ。はっきり言ってデビュー当時のルーファスはB級バンドで、チャカがいるから認知されていたと言ってもいいだろう。しかし、徐々にルーファスはバンドとしてまとまり、成長していく。グループ名を“ルーファス・フィーチャリング・チャカ・カーン”(‘75)と変えた4枚目あたりからグループは格段に良くなったが、チャカのヴォーカルの存在感は圧倒的となり、ルーファスの影は薄くなるばかりで、彼女がソロアーティストになるのは時間の問題だった。ただ、チャカ自身はルーファスを気に入っていたようで、ソロになってからもルーファスとの活動を行なえるような契約を結び、グループが解散するまで、何らかのかたちで絡み続けていたことからもそれが窺い知れる。

■ソロ契約

すでに、その類い稀なるヴォーカルテクニックで全米にその名を知られるようになっていたチャカのソロデビューは秒読みに入っていた。大手レコード会社の多くが彼女を獲得するために躍起になって動いていたのだが、結局フュージョン流行の仕掛け人で、ジョージ・ベンソン、スタッフ、アル・ジャロウらのアルバムを大ヒットさせたワーナーブラザーズの副社長ボブ・クラスノウに説得され、ワーナーブラザーズからデビューすることが決まった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「クイーン」に関する記事

「クイーン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クイーン」の記事

次に読みたい「クイーン」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク