【フレデリック インタビュー】“TOGENKYO”という言葉が自分たちの居場所を表してる

この夏もフェスやイベントで全国を踊らせたフレデリックが完成させたミニアルバム『TOGENKYO』。高橋 武(Dr)が正式加入し、音楽的にもバンドとしてもグッと成長した彼らの今を凝縮した今作について訊く。

──今年も夏フェスやイベントに多数出演しましたが、フレデリックにとって今年の夏はどうでした?

康司
「すごく充実した夏でした。武くんが正式加入して新体制になったことで、今フレデリックがやっていきたいことも話し合った上で夏が迎えられたし。一個一個、本当にいいライヴができたし、最後のフェスを終えたあとは達成感もありましたね。」

健司
「自己満足でなく、お客さんと分かち合えた感もありますね。この夏、得るものは多かったです。僕らを知ってる人も増えたから、フェスの雰囲気やタイムテーブル、気候からセトリを考えたり、いろんな提案や挑戦をすることができました。」

高橋
「去年もサポートで参加していたんですが、今年はテンポの速い曲だけじゃなく、ゆったりした曲で聴かせたり。フレデリックが挑戦していきたいかたちを提示して、ここから新しい作品を出していくってところでも意味のあるライヴができたと思います。」

──“挑戦”って言葉が出ましたが、完成したミニアルバム『TOGENKYO』にもさまざまな挑戦を感じました。それはフェスやライヴから、ちゃんとつながってたんですね。

康司
「ライヴと音源の歩幅が合っていってる気がします。制作前にテーマを決めず、4人のやりたいことをかたちにしたのが今作で。自分が感じたことから自然と出た曲が「TOGENKYO」だったり、他の曲もテーマに沿ったものだったりするし、曲先行でできたんです。それも、自分たちが一番大事にしているものが出せた上で、曲ができていった感じだったので、今のフレデリックがすごく自然に出たミニアルバムになりました。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク