【小野正利 インタビュー】名曲と対峙することで新たな自分が見えた

【小野正利 インタビュー】名曲と対峙することで新たな自分が見えた
(okmusic UP's)
GALNERYUSでJメタルシーンのトップシンガーに登り詰めた小野正利が、本作ではヴォーカリストとしてのさらなる可能性にチャレンジ! 世界のレジェンドと歌姫との名曲に真っ向から挑む。

──“VS”というタイトルには、どのような意味が込められているのですか?

「ひとつはカバーアルバムということで、ヴォーカリストとしてこれらの原曲とどう対峙するか、大袈裟に言えば闘って勝ってやる!というところ。デビュー25周年ということで言えば、これからもヴォーカリストとしてチャレンジしていくぞ!という意気込みを込めての“VS”なんです。」

──女性シンガーの楽曲を“ディーヴァ・ディスク”、男性シンガーによる楽曲を“レジェンド・ディスク”という2枚に振り分けた構成は面白いアイデアだと思いました。その選曲にはどのような基準があったのでしょうか?

「最初に唯一決めていたのが、男性曲は僕がデビューした1992年より以前の曲から、女性曲は90年代から現在に至るまでの中から選ぼうということ。なので、男性曲は歌ったことはなくても知っている曲ばかりだし、中には歌ったことがあるものもありました。女性曲のほうはこれまで歌ったことがある曲は1曲もなかったですね。ディレクターから提示されたさまざまな曲…あと、ファンクラブの方からのリクエスト曲、それに自分が挙げた曲を候補に、会社のスタジオにある通信カラオケで歌ってみて“これはいけそう”“これはちょっとイメージが違う”という感じで絞り込んでいって。僕の意識としては男女の差というのはあまりなかったけど、難易度で言うとディーヴァのほうが高かったかな。レジェンドのほうが気持ち良く歌えて、出来上がりを自分でもイメージしやすかった。」

あわせて読みたい

気になるキーワード

OKMusicの記事をもっと見る 2017年12月13日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「清木場俊介」のニュース

次に読みたい関連記事「清木場俊介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「きのこ帝国」のニュース

次に読みたい関連記事「きのこ帝国」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「七尾旅人」のニュース

次に読みたい関連記事「七尾旅人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。